ミスティーネット・UNIXコマンド講座 激安&高速レンタルサーバー登場!\nホスティングサービスはミスティーネットで!
homeコマンド検索ご利用について推奨環境リンクに関して免責・規約お問い合わせリンク集ホスティングサービスはミスティーネットで!!
コマンド簡易検索:   
UNIX講座

UNIX入門
ファイル/ディレクトリ
ファイル情報の取得
テキスト処理
プロセスについて
ユーザー管理
環境設定/確認
ネットワーク管理
シェルについて
ディスク管理
システム管理
その他の機能
講座一覧


ラブラブメールでツーショット

優良サイトが多数リンクされているランキングサイト
HOME >> ファイル/ディレクトリ >> ファイル/ディレクトリ情報の取得
line
■ ファイル/ディレクトリ情報の取得

テキストファイルの情報を調べる
テキストファイルの情報を調べたい場合には「wc コマンド」を使用します。
指定したテキストファイルの (1)行数、(2)単語数(スペース/タブ/改行のいずれかで区切られたもの)、
(3)バイト数(文字数) を表示します。
複数のファイルを指定した場合には、それらの合計も一緒に表示されます。

[ テキストファイルの情報を調べる ]
% wc sample1.txt sample2.html enter
       6       6      68 sample1.txt
      38      49     735 sample2.html
      44      55     803 total
%
ファイルの中身がテキストファイルであれば、拡張子が「txt」でなくても調べることができます。
[ wc コマンド表示の見方 ]
ファイル名 (1)行数 (2)単語数 (3)バイト(文字)数
sample1.txt 6 6 68
sample2.html 38 49 735
total 44 55 803


ディレクトリ内のサイズを調べる
ディレクトリの使用容量を調べるには 「du コマンド」を使用します。
ディレクトリの指定がない場合にはカレントディレクトリを調査します。
ディレクトリ内にサブディレクトリがある場合には、先にサブディレクトリサイズの合計を表示して、その後に全部のディレクトリサイズの合計を表示します。
(単位は キロバイトです。)

[ ディレクトリサイズを調査する ]
% du -h enter      ←─── h オプションをつけると読みやすい形式で表示される
120K     htdocs/test1
130K     htdocs/test2
72K      htdocs/image
94K      htdocs/sample/gallaly
98K      htdocs/sample
514K     htdocs
%
ディレクトリの指定をしていないため、カレントディレクトリ内のディレクトリサイズを表示しています。 「h」 オプションをつけていると単位が上がった場合に表示形式が「K(キロバイト)」表示から「M(メガバイト)」表示になります。


ファイルの種類を調べる
file コマンド」を使用すると、ファイルを開くことなくファイルの種類を調べることができます。

[ ファイルの種類を調べる ]
% file sample.txt enter
% sample.txt: ASCII text      ←─── ファイル形式が ASCII text であることがわかる


ファイルの先頭ブロックを表示する
ファイルの先頭部分のみ確認したい場合には「head コマンド」を使用します。
head コマンド」の書式は以下のとおりです。

head   -n   表示したい行数   ファイル名

ファイル削除のイメージ

[ ファイルの先頭部分を表示する ]
% head .cshrc enter
# $FreeBSD: src/share/skel/dot.cshrc,v 1.10.2.3 2001/08/01
# 17:15:46 obrien Exp $
# .cshrc - csh resource script, read at beginning of execution
# by each shell
# see also csh(1), environ(7).
#

alias h         history 25
alias j         jobs -l
alias la        ls -a
%
オプションの行数指定を省略すると10行分表示されます。


ファイルの末尾ブロックを表示する
ファイルの末尾部分のみ確認したい場合には「tail コマンド」を使用します。
tail コマンド」の書式は以下のとおりです。

tail   -表示したい行数   ファイル名

ファイル削除のイメージ

[ ファイルの末尾部分を表示する ]
% tail .cshrc enter
        set filec
        set history = 100
        set savehist = 100
        set mail = (/var/mail/$USER)
        if ( $?tcsh ) then
                bindkey "^W" backward-delete-word
                bindkey -k up history-search-backward
                bindkey -k down history-search-forward
        endif
%
オプションの行数指定を省略すると10行分表示されます。


<< ファイル/ディレクトリの基本操作 ファイル/ディレクトリの検索・ソート >>

line
Copyright (C) 2003 MISTY-NET UNIX Course All Rights Reserved .