ミスティーネット・UNIXコマンド講座 激安&高速レンタルサーバー登場!\nホスティングサービスはミスティーネットで!
homeコマンド検索ご利用について推奨環境リンクに関して免責・規約お問い合わせリンク集ホスティングサービスはミスティーネットで!!
コマンド簡易検索:   
UNIX講座

UNIX入門
ファイル/ディレクトリ
テキスト処理
プロセスについて
ユーザー管理
環境設定/確認
ネットワーク管理
メールを送受信する
シェルについて
ディスク管理
システム管理
その他の機能
講座一覧


ラブラブメールでツーショット

優良サイトが多数リンクされているランキングサイト


HOME >> ネットワークの管理 >> メールを送受信する [ mail ]
line
■ メールを送受信する [ mail ]
UNIX 環境でメールの送受信を行うには、「mail コマンド」 を使用します。
mail コマンド」 は、UNIX 上で使用する簡易メーラーです。
引数無しでコマンドを実行すると、受信されているメールの一覧が表示されます。
その後に、「& プロンプト (meil コマンドのプロンプト)」 が表示されて、 「mail コマンド」 のサブコマンドが利用できます。


自分宛てのメールを読む
mail コマンドの起動とメールの一覧表示
mail コマンド」 をそのまま起動すると、現在受信しているメールの一覧が表示されます。
「& (メールプロンプト)」 が表示されている状態からメールの一覧を確認する場合は、「h コマンド」 を使います。

% mail enter
mail: /home/hoge/.mail_aliases: No such file or directory
Mail version 8.1 6/6/93.  Type ? for help.
"/var/mail/hoge": 6 messages
>   1 f3832@ta.bekkoame.ne  Sun Jan  5 21:46  45/1522  "=?ISO-2022-JP
    2 sgs3@orient-sky.com   Mon Jan  6 08:56  74/3664  "=?iso-2022-jp
    3 boge0127@docomo.ne.j  Mon Jan  6 17:56 112/4633  "=?ISO-2022-JP
    4 kdduuve3@hotmail.com  Tue Jan  7 00:31  43/1459  "=?ISO-2022-JP
    5 sdeimeiz@mail.ne.jp   Tue Jan  7 04:17  40/1681  "=?ISO-2022-JP
    6 sefdsez@zmail.ne.jp   Tue Jan  7 05:16  40/1682  "=?ISO-2022-JP
&       ←── meil プロンプトが表示され、サブコマンドが使用できる状態です。
UNIX 環境は文字コードが EUC のため、メールの件名や本文が JIS や Shift_JIS 形式の場合には、文字化けして表示されます。 Telnet クライアントによっては、文字コードを指定して表示できるものもありますので、それらを使うと便利です。

メール内容を表示する
メール内容を表示するには、メール一覧の左端に表示されているメール番号を指定します。
番号 enter」 で指定された番号のメール内容が表示されます。
メールの文字コードが EUC でない場合には、メール内容が文字化けして表示されます。
n コマンド」 を使うと、前回表示されたメールの次の番号のメールが表示されます。

& 6 enter  ←── 6 番のメールを表示する
Message 6:
From simsim@misty.ne.jp Tue Jan  7 05:16:03 2003
To: webmaster@hoge.misty.ne.jp
From: simsim 
Date: Tue, 07 Jan 2003 05:15:52 +0900
Subject: test mail

How are you !

&
始めにメールのヘッダー情報(送信元メールアドレスや受信日時など)を表示して、1行あけた後、本文が表示されます。 本文の内容が1ページに収まらない場合には、複数ページに分けて表示されます。スペースキーを押すと次のページを表示します。



メールを送る
mail(m) メールアドレス」で、指定したメールアドレス宛てのメールを作成します。
「Subject:」 に続いて件名を入力して 「Enter enter」 を押します。 次の行よりメールの本文を入力になります。
本文の入力が終了したら、「Ctrl + D」 でメールを送信します。

& mail info@hoge.misty.ne.jp       ←── info@hoge.misty.ne.jp 宛てにメールを送る
Subject: hello       ←── メールの件名を入力する
Hi!       ←── ここから本文の入力
Nice to meet you !
EOT       ←── 本文終了 & メール送信(Ctrl+D)
&




メールを削除する
メールを削除したい時には「d コマンド」 を使います。
引数に番号を指定した場合には、指定した番号のメールが削除されます。
番号の指定がない場合には現在のメールが削除されます。

& d8 enter       ←── 8番のメールが削除されます
Message 8:
From simsim@misty.ne.jp Tue Jan 7 05:16:03 2003
To: webmaster@misty.ne.jp
From: simsim
Date: Tue, 07 Jan 2003 05:15:52 +0900
Subject: test mail

Hello !
How are you !
&




mail コマンドの終了
メールコマンドの終了には、「q コマンド」 と、 「x コマンド」 の2種類用意されています。
「q コマンド」 では、現在のメールボックスの状態を更新して終了します。
「x コマンド」 では、メールボックスの状態を変更せずに、そのまま終了します。 そのため、メールの削除などを行っていても、メールボックスにその内容がメールボックスに反映されないため、メールは残ったままの状態となっています。

[ メールボックスを更新して終了する ]
& q enter
Saved 1 message in mbox
Held 379 messages in /var/mail/hoge >




その他のサブコマンドについて
mail コマンド」 では、上記で紹介したコマンド以外にもたくさんのサブコマンドが用意されています。
? コマンド」 を使うと、各種サブコマンドの解説が一覧で表示されますので、いろいろ試してみてください。

[ 主な mail サブコマンド ]
コマンド 動作
メール番号 指定した番号のメールを表示する
- 前のメールを表示。"-" の後に数字が指定された場合、その数もどって表示
? help コマンドの要約を表示
d 現在のメールボックスを削除する。引数に数字を指定した場合、その番号のメールを削除する
ex x メールボックスのメールには手を加えず、そのままセッションを終了
f メールのヘッダを表示する。引数に数字を指定した場合、その番号のメールヘッダを表示する
h メールの一覧を表示します
m ユーザー名 指定ユーザーにメールを送信する
n 次のメールを表示する。引数を指定した場合、その番号のメールが表示されます
p メールを表示する
q 削除されていない、保存されていない全てのメールを保存してセッションを終了する
r 現在のメールに返信する
u 削除を取り消します。引数を指定した場合、その番号のメールの削除を中止します。


サブコマンドの説明一覧を表示する
&  enter
    Mail   Commands
t                 type messages
n                               goto and type next message
e                 edit messages
f                 give head lines of messages
d                 delete messages
s  file           append messages to file
u                 undelete messages
R                 reply to message senders
r                 reply to message senders and all recipients
pre               make messages go back to /var/mail
m                    mail to specific users
q                               quit, saving unresolved messages in mbox
x                               quit, do not remove system mailbox
h                               print out active message headers
!                               shell escape
cd [directory]                  chdir to directory or home if none given

A  consists of integers, ranges of same, or user names separated
by spaces.  If omitted, Mail uses the last message typed.

A  consists of user names or aliases separated by spaces.
Aliases are defined in .mailrc in your home directory.
&
コマンド名とその解説が表示されます。




<< 他のホストと通信する [telnet] HOME へ >>

line
Copyright (C) 2003 MISTY-NET UNIX Course All Rights Reserved .