ミスティーネット・UNIXコマンド講座 激安&高速レンタルサーバー登場!\nホスティングサービスはミスティーネットで!
homeコマンド検索ご利用について推奨環境リンクに関して免責・規約お問い合わせリンク集ホスティングサービスはミスティーネットで!!
コマンド簡易検索:   
UNIX講座

UNIX入門
ファイル/ディレクトリ
テキスト処理
プロセスについて
ユーザー管理
環境設定/確認
ネットワーク管理
シェルについて
ディスク管理
システム管理
その他の機能
講座一覧

HOME >> コマンド辞書 >> ネットワーク >> arp コマンド
アドレス解決の表示と設定を行う --- arp コマンド
arp [option] [ホスト名]

arp コマンドは、IPアドレスとEthernetアドレスの対応表(ARP(Address Resolution Protocol))テーブルの表示、設定を行います。 このARPテーブルは、ARPプロトコルによって自動的に作成され、個々の項目は、決められた時間、保持されます。 Ethernetアドレスは、コロン":"で区切った6バイトで表示されますが、このうち先頭の3バイトはそのNIC(Network Interface Card)のメーカを表しています。
オプション
-a 全てのARPエントリを表示。"-d" と併せて利用されることで全ての削除。
-n ネットワークアドレスを数で表示
-d スーパーユーザーであれば指定したエントリ、または全てのエントリを削除できる
-s host MACアドレス ホスト名とMACアドレスを指定して ARP エントリを追加
-S host MACアドレス ホスト名とMACアドレスを指定して ARP エントリを追加
-f ファイル ファイルから読み込んで ARP エントリを追加
使用例

全てのARPエントリを表示する
% arp -a enter     ←─── a オプションを指定
? (330.210.186.42) at 0:50:45:0:84:b0 on fxp0 [ethernet]
hoge.misty.ne.jp (330.210.166.43) at 0:2:b3:4d:37:c2 on fxp0 [ethernet]
moge.misty.ne.jp (330.210.186.33) at 0:20:e0:60:3d:f3 on fxp0 permanent [ethernet]
xxx.misty.ne.jp (330.210.186.45) at 0:2:b3:4d:37:f7 on fxp0 [ethernet]

全てのエントリを削除する
% arp -d -a enter     ←─── d オプションを指定

"-f" オプションを指定した場合には、ファイルを利用してARPエントリを追加することが可能になります。
ファイルの書式は下記のようになります。

   ホスト名   MACアドレス[temp][pub]  

temp (指定あり) … MACアドレスが一定時間後にARPテーブルから消去されます。
temp (指定なし) … temp の記述が無い場合は "permanent(永久)" の設定となり、
設定されない限りMACアドレスは変更されません。
pub (指定あり) … 指定ホストがARPサーバーとして動作します。
指定マシンが自分自身で無い場合も代わりにMACアドレスを返答します。

ページのTOPへ↑
line
Copyright (C) 2003 MISTY-NET UNIX Course All Rights Reserved .