ミスティーネット・UNIXコマンド講座 激安&高速レンタルサーバー登場!\nホスティングサービスはミスティーネットで!
homeコマンド検索ご利用について推奨環境リンクに関して免責・規約お問い合わせリンク集ホスティングサービスはミスティーネットで!!
コマンド簡易検索:   
UNIX講座

UNIX入門
ファイル/ディレクトリ
テキスト処理
プロセスについて
ユーザー管理
環境設定/確認
ネットワーク管理
シェルについて
ディスク管理
システム管理
その他の機能
講座一覧

HOME >> コマンド辞書 >> 環境設定/確認 >> date コマンド
日付と時刻の表示設定を行う --- date コマンド
date [option] [日付] [+ 表示形式]

現在の日付の表示・設定を行います。コマンドのみを入力した場合は現在の日付と時刻が表示されます。
日付の設定を行えるのはスーパーユーザーのみです。
オプション
-u 時刻を UTC(協定世界時)で表示
-r second グリニッジ標準時(1970年1月1日 00:00:00)から指定秒(second)経過した日時を表示
-a [-]sss.fff 時刻を秒単位(sss)で調整する。―(マイナス)指定も可。fff は秒の端数。
使用例

日時を表示する
% date enter     ←─── コマンドをそのまま実行
Mon Oct 20 21:32:23 JST 2003

表示形式を指定して日時を表示する
% date +%v enter     ←─── 表示形式を指定
20-Oct-2003

[ 日時指定のフォーマット文字列 ]
+ を指定することで表示方法が指定できます。
option 表示される文字
%a 曜日名/省略形(Sun〜Sat)
%A 曜日名/完全形(Sunday〜Saturday)
%b 月名/省略形(Jan〜Dec)
%B 月名/完全形(January〜December)
%c 日付と時刻(例 Sun Jan 03 11:07:24 2003)
%d 日(01〜31)
%D 日付 %m/%d/%y 表記(例 10/23/03)
%e 日(1〜31)
%F %y-%m-%d 表記(例 2003-03-24)
%g 年の下2桁(00〜99)
%G 年/4桁表示(例 2003)
%h 月名/省略形(Jan〜Dec)
%H 時(00〜23)
%I 時(01〜12)
%j 1月1日からの日数(001〜366)
%k 時(0〜23)
%l 時(1〜12)
%M 分(00〜59)
%m 月(01〜12)
%n 改行
option 表示される文字
%p AM または PM
%R %H:%M での表記(例 23:34)
%r %I:%M:%S %P での表記(例 18:23:34 PM)
%s グリニッジ標準時からの秒数
%S 秒(00〜59)
%t タブ
%T %H:%M:%S (例 15:30:11)
%u 週内の通算日・月曜が1(1〜7)
%U 年内の通算週・日曜が週の始まり(00〜53)
%v %e-%b-%Y での表記(例 24-Nov-2002)
%w 曜日・日曜が0(0〜6)
%W 週・月曜が週の始まり(00〜53)
%x その国の表記方式による日付
%X その国の表記方式による時刻
%y 年の下2桁(00〜99)
%Y 年/4桁表示(例 2003)
%z UTC からの時差
%Z タイムゾーン/地域(JST など)
%% %(パーセントそのもの)


COLUM COLUM
COLUM [ ロケール ]
国や文化圏といった、同じ言語や習慣などを有する地域をロケールと呼び、POSIXでさまざまなロケールが定められています。 UNIX のように多国語対応しているOSでは、ユーザーはロケールの設定を切り替えることで、同じUNIX上で複数の言語、文字コードなどを切り替えて利用できるようになっています。


ページのTOPへ↑
line
Copyright (C) 2003 MISTY-NET UNIX Course All Rights Reserved .