ミスティーネット・UNIXコマンド講座 激安&高速レンタルサーバー登場!\nホスティングサービスはミスティーネットで!
homeコマンド検索ご利用について推奨環境リンクに関して免責・規約お問い合わせリンク集ホスティングサービスはミスティーネットで!!
コマンド簡易検索:   
UNIX講座

UNIX入門
ファイル/ディレクトリ
テキスト処理
プロセスについて
ユーザー管理
環境設定/確認
ネットワーク管理
シェルについて
ディスク管理
システム管理
その他の機能
講座一覧

HOME >> コマンド辞書 >> ファイル/ディレクトリ >> ls コマンド
ファイルの一覧を表示したい --- ls コマンド
ls [option] [path]
ls (LiSt=一覧) コマンドは、指定されたパス(絶対パスまたは相対パス)にあるファイルやディレクトリの一覧を表示します。 パスを指定しないと、カレントディレクトリの一覧を表示します。デフォルトでは、ファイル名順に表示されます。
オプション
-a ピリオド(.)から始まる特殊なファイルも表示する
-A ピリオド(.)から始まる特殊なファイルも表示する
(ただし、カレントディレクトリ( . )、親ディレクトリ( .. )は表示しない)
-b 表示できない文字を /add(8進数) で出力する
-c i ノードの最終変更時刻をソートや出力に使用する。
-C 横1行でファイルを表示する (デフォルト
-d 引数がディレクトリのときに、名前だけを出力する。-1 と一緒に使用すれば、ディレクトリの状態を知ることができる。
-f 引数をディレクトリと見なし、各スロットにあるディレクトリ名を出力する。
-F ディレクトリ名のあとに / 、実行可能なファイルに * を付けて表示
-g -l の表示から所有者名を除いて表示
-i ファイルの inode 番号を表示
-l ファイルの詳細情報を表示
-L 引数の名前がシンボリックされている場合には、リンク先の名前を表示
-m ファイル名をコンマ区切りで表示
-n ユーザー名を UID で、グループ名を GID で表示
-o ファイルフラグを表示
-p ディレクトリ表示の際に、末尾に "/" を付ける
-q 非表示文字を "?" に置き換えて表示(デフォルト
-r 逆順にソートして表示
-R サブディレクトリ以下のディレクトリ・ファイルも表示
-s ファイルシステムのブロック数を表示
-t 最終修正時刻順にソート
-u 最終アクセス時刻を表示
-x 横1行でファイルを表示する
-1 1ファイル1行で表示する
● オプションを組み合わせて使用する
オプションの指定では、ハイフン(-) に続いて複数指定することで、オプションを組み合わせた形式で表示させることができます。

● パイプを使って他のコマンドに値を渡す
パイプを使用して他のコマンドに ls コマンドの結果を受け渡す場合は、デフォルトでは -1 オプションを指定した形式(1ファイル1行)で受け渡されます。 1行に複数のファイルを表示する形式で受け渡しを行いたい場合には、 -C オプションを指定して実行すると良いでしょう。

● ディレクトリ情報の表示
パスの部分にディレクトリを指定すると、そのディレクトリ内のファイル情報が表示されます。
-d オプションをつけるとディレクトリ自体の情報が表示されるようになります。


使用例

現在のディレクトリ(カレントディレクトリ)のファイル一覧を表示する
% ls enter
.cshrc    .login    .mailrc    .shrc    .history    .login_conf    .profile    htdocs

1ファイル1行づつ表示する
% ls -1 enter
.cshrc
.history
.login
.login_conf
.mailrc
.profile
.shrc
htdocs

詳細モードで表示する
% ls -lF enter
total 162
-rw-r--r--  1 root  wheel     771 Feb 21  2003 .cshrc
-rw-------  1 root  wheel      55 Feb 21  2003 .history
-rw-r--r--  1 root  wheel     304 Feb 21  2003 .login
-rw-r--r--  1 root  wheel     165 Feb 21  2003 .login_conf
-rw-r--r--  1 root  wheel     331 Feb 21  2003 .mailrc
-rw-r--r--  1 root  wheel     789 Feb 21  2003 .profile
-rw-r--r--  1 root  wheel     852 Feb 21  2003 .shrc
drwx---r-x  9 root  wheel     512 Jun 20 13:52 htdocs
ファイルリストの前にファイルサイズの合計値が表示されます。
黄色で示した部分はファイル及び、ディレクトリのアクセス権限を示しています。
[ ファイル属性の見方 ]
アクセス
権限
リンク
カウント
所有者 グループ ファイル
サイズ
タイム
スタンプ
ファイル名
drwx---r-x 9 root wheel 512 Jun 20 13:52 htdocs


[ アクセス権限の見方 ]
ファイルモード(アクセス権限)の見方

r : 読み取り可能(Read)
w : 書き込み可能(Write)
x : 実行可能(eXecute)
 
識別子 ファイルタイプ
- 通常ファイル
b ブロックデバイス
c キャラクタデバイス
d ディレクトリ
l シンボリックリンク
p パイプ
s ソケット

指定したパス以下の全ての階層のディレクトリ・ファイルを全て表示する
% ls -R enter
.cshrc    .login    .mailrc    .shrc    .history    .login_conf    .profile    htdocs

./htdocs:
index.html       sample.html      data

./htdocs/data:
member.dat      count.dat



COLUM COLUM
COLUM [ エイリアス ]
FreeBSD では csh の初期設定値として次のエイリアスが割り当てられています。
これは "la" を実行すると "ls -a" コマンドが実行されるということです。

(ユーザーのログイン時に「.cshrc」ファイルが読み込まれて、このファイルに記述されている
エイリアスの設定が割り当てられます。)


la ls -a
lf ls -Fa
ll ls -lA

ページのTOPへ↑
line
Copyright (C) 2003 MISTY-NET UNIX Course All Rights Reserved .