ミスティーネット・UNIXコマンド講座 激安&高速レンタルサーバー登場!\nホスティングサービスはミスティーネットで!
homeコマンド検索ご利用について推奨環境リンクに関して免責・規約お問い合わせリンク集ホスティングサービスはミスティーネットで!!
コマンド簡易検索:   
UNIX講座

UNIX入門
ファイル/ディレクトリ
テキスト処理
プロセスについて
ユーザー管理
環境設定/確認
ネットワーク管理
シェルについて
ディスク管理
システム管理
その他の機能
講座一覧


● vi簡易リファレンス ●

viエディターは、UNIX上で使われる標準エディターです。


目次 ・ カーソルの移動 >> ・ ページ単位の移動 >> ・ 文字の挿入 >>
・ ファイルの操作 >>       ・ 編集作業 >>       ・ 検索 >>       ・ 置換 >>


vi ファイル名」で、ファイルを編集します。


viエディターでは、【コマンドモード】と【挿入モード】を切り替えて、カーソルの移動や文字の挿入などの編集作業を行なうことが出来ます。

コマンド
モード
←― Esc
i コマンド ―→
挿入
モード

下記で紹介するコマンドは、すべてコマンドモード上での操作です。
挿入モード上では、コマンドは使えません。

* viエディターでは、アルファベットの大文字と小文字では違うコマンドになりますので入力の際には注意しましょう。




▼カーソルの移動
キー 動作
h カーソルを右に移動 (→)
j カーソルを下に移動 (↓)
k カーソルを上に移動 (↑)
l カーソルを左に移動 (←)
0(ゼロ) または :^ (ハット) カーソルを行頭に移動 (ゼロ)
$ カーソルを行末に移動 (ドル)
Enter カーソルを次の行の先頭に移動
e カーソルを単語の末尾に移動する
E e コマンドと同じ。ただし句読点は無視される。
w カーソルを次の単語の先頭に移動する
W w コマンドと同じ。ただし句読点は無視される
b カーソルを前の単語の先頭に移動する
B b コマンドと同じ。ただし句読点は無視する
( カーソルを前の文の先頭に移動する
) カーソルを次の文の先頭に移動する
{ カーソルを前の段落の先頭に移動する
} カーソルを次の段落の先頭に移動する
G カーソルをファイルの末尾に移動する
行数+G カーソルを指定した行に移動する
% カーソル位置にある括弧に対応する括弧へ移動する

MEMO 環境によってはカーソルキーでも移動できます



▼ページ単位の移動
キー 動作
H カーソルを画面内の先頭行へ移動する
M カーソルを画面内の中央行へ移動する
L カーソルを画面内の最終行へ移動する
行数+H カーソルを画面内の先頭行から指定行へ移動する
行数+L カーソルを画面内の最終行から指定行手前の行へ移動する
Ctrl+y 1行前にスクロールする
Ctrl+e 1行後にスクロールする
Ctrl+d 前方へ1/2画面分スクロールする
Ctrl+u 後方へ1/2画面分スクロールする
Ctrl+ b 前のページに移動 (back)
Ctrl+ f 次のページに移動 (forward)
:0 ファイル先頭に移動
:$ ファイル末尾に移動
: 行番号 指定した行番号に移動



▼文字の挿入
キー 動作
Esc コマンドモードに戻る
i カーソルの前から挿入モードに入る
a カーソルの後ろから挿入モードに入る (append)
I 行頭から挿入モードに入る
A 行末から挿入モードに入る (Append)
o カーソルの次の行に新しい行を挿入して、挿入モードに入る
O カーソルの前の行に新しい行を挿入して、挿入モードに入る



▼ファイルの操作
キー 動作
Ctrl+ i (r) 画面を開きなおす(refresh)
Ctrl+ g ファイルの情報(ファイル名、更新状態、行数)を表示
:w 編集中のファイルを保存(write)
:w ファイル名 ファイル名を指定して保存
:e ファイル名 指定したファイルを開く
:r ファイル名 カーソルの次の行に指定したファイルを挿入
:-r ファイル名 カーソルの前の行に指定したファイルを挿入
:n 複数のファイルを開いている場合、現在編集中のファイルを閉じ、次のファイルを編集する
:n ファイル名 現在編集中のファイルを閉じ、ファイル名で指定したファイルの内容を編集する
:q 終了(ファイルに変更があるときは終了できない)
ZZ (:wq) 編集中のファイルを保存して終了
ZZ (:wq) ファイル名 他のファイル名で保存して終了
:q! 変更を破棄して終了
:w! 強制書き込み
:e! 強制ファイル(バッファ)切替
:r! コマンド 指定されたコマンドを実行し、その実行結果をカーソルの次の行以降に読み込む



▼編集作業
キー 動作
文字列 前方に文字列を検索してヒットした個所に移動
文字列 文字列を検索してヒットした個所に移動
u 一つ前の操作状態に戻る (アンドゥ)
. 直前に実行したコマンドを繰り返す
r カーソル位置の文字を別の文字に変更
x カーソル位置の文字を削除
X カーソル位置の前の文字を削除
行数+x カーソル位置から x 文字を削除
X カーソル位置の手前の X 文字を削除
d+カーソル移動コマンド カーソル位置からカーソル移動コマンドで指定した位置までを削除する
(例: dw -- ワード単位で文字を削除)
D カーソル位置から行末までの文字列を削除して記憶
dd カーソルの位置する行を削除する
行数 dd カーソル行を含めて、下に行数分を削除して記憶(切り取り)
Y+カーソル移動コマンド カーソル位置からカーソル移動コマンドで指定した位置までをコピーする
yy (Y) カーソルが位置する行をコピーする
行数+yy (Y) カーソルが位置する行から指定した行数分コピーする
P 記憶されている文字列をカーソルの前の行に挿入
p 記憶されている文字列をカーソルの次の行に挿入
"n + p n 回前にコピー、または削除した内容をカーソルの次の行に挿入
"n + P n 回前にコピー、または削除した内容をカーソルの前の行に挿入
J カーソル位置の次の行を現在の行とつなげる
:r ファイル名 カーソル位置の次の行にファイルを挿入
:-r ファイル名 カーソル位置の前の行にファイルを挿入



▼検索
キー 動作
f + 文字(1文字) カーソルと同じ行にある次の指定文字を検索する
F + 文字(1文字) カーソルと同じ行にある前の指定文字を検索する
/ + 文字列 カーソル以降にある指定文字列を検索する
? + 文字列 カーソル以前にある指定文字列を検索する
n 前回と同じ方向へ検索を続ける
N 前回と逆方向へ検索を続ける
/ 前方への検索を続ける
? 後方への検索を続ける


▼置換
キー 動作
~ (チルダ) 大文字 ←→ 小文字の変換
c + カーソル移動コマンド カーソル位置から、カーソル移動コマンドで指定した領域を書き換える
cc 現在の行の内容を全て書き換える
C カーソル位置から行末までを書き換える
r カーソル位置の1文字を書き換える。書き換え後はコマンドモードに戻る。
R カーソル位置以降の文字列を範囲を指定せずに書き換える
s カーソル位置の1文字を書き換える。書き換え後はテキスト入力モードになる。
S cc コマンドと同じ
:s/文字列1/文字列2 カーソルと同じ行にある次の文字列1 を文字列2に置換する
:s/文字列1/文字列2/g カーソルと同じ行にあるすべての文字列1 を文字列2に置換する
:m,ns/文字列1/文字列2/g m 行目から n 行目の間のすべての文字列1 を文字列2に置換する
:%s/文字列1/文字列2 ファイル内にあるすべての文字列1 を文字列2に置換する

MEMO :s/文字列1/文字列2/gc のように、最後に c をつけることで対話的に置換が行えます。



<< テキストの表示・編集  

line
Copyright (C) 2003 MISTY-NET UNIX Course All Rights Reserved .