有限会社ミスティーネット UNIXコマンド講座
homeコマンド検索ご利用について推奨環境リンクに関して免責・規約お問い合わせリンク集ホスティングサービスはミスティーネットで!!
コマンド簡易検索:   
UNIX講座

UNIX入門
ファイル/ディレクトリ
テキスト処理
プロセスについて
ユーザー管理
環境設定/確認
環境設定・表示
ネットワーク管理
シェルについて
ディスク管理
システム管理
その他の機能
講座一覧


ラブラブメールでツーショット

優良サイトが多数リンクされているランキングサイト


HOME >> 環境設定・確認 >> 環境設定・表示
line
■ 環境設定・確認

利用中の端末名を表示する
tty コマンド」 利用中の端末名を確認したい時に利用します。
仮想コンソールにて複数のログインを行っている場合には、tty コマンドを実行することにより、
現在のコンソール番号を確認できます。

端末名を表示
% tty enter
/dev/ttyv0



端末の設定を行う
stty コマンド」 コマンドでは標準出力で使用される端末の設定と確認を行うことができます。 オプションを指定せずに実行した場合には、デフォルトの端末環境と現在のホスト環境と違うパラメータの設定内容を表示します。

全ての設定値を表示
% stty -a enter       ←── a オプションをつけてコマンドを実行する




ファイルシステムの一覧表示
lsvfs コマンド」 コマンドでは、現在利用されている仮想ファイルシステムについての情報を一覧表示できます。

仮想ファイルシステムの表示
% lsvfs enter
Filesystem                        Refs Flags
-------------------------------- ----- ---------------
procfs                               1 synthetic
cd9660                               0 read-only
nfs                                  0 network
mfs                                  0
ufs                                  1
msdos                                0
%
”Refs” は現在マウントされているファイルシステム数、”Flags” はフラグビットを表します。


環境変数の表示・設定1
printenv コマンド」 か 「env コマンド」 を 引数なしで実行すると環境変数を全て表示します。
env コマンド」 では環境変数を設定することもできます。

環境変数の表示
% printenv enter
PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/usr/games:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:
/usr/X11R6/bin:/root/bin
MAIL=/var/mail/root
BLOCKSIZE=K
~
~
~
EDITOR=vi
PAGER=jless
%

環境変数を変更し、コマンドを実行
% env LANG=ja_JP.EUC date enter
2003年 11月25日 水曜日 12時32分32秒 JST
%
LANG を EUC に変更し、date コマンドを実行します。
date コマンドの結果が日本語表示される。


環境変数の表示・設定2
setenv コマンド」 を引数なしで実行すると環境変数を全て表示します。
表示される内容は 「printenv コマンド」 で表示される内容と同じです。
引数に環境変数と設定値を指定すると新たな環境変数を指定できます。
設定値を指定しない場合は空のデータが設定されます。
環境変数を解除するには 「unsetenv コマンド」 を使います。

環境変数の表示
% setenv enter
PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/usr/games:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:
/usr/X11R6/bin:/root/bin
MAIL=/var/mail/root
BLOCKSIZE=K
~
~
~
EDITOR=vi
PAGER=jless
%


シェル変数の表示・設定
set コマンド」 を引数なしで実行すると現在のシェル変数を表示します。
引数にシェル変数と設定値を指定すると新たなシェル変数を指定できます。
変数のみ設定した場合設定値が空になります。 シェル変数を解除するには 「unset コマンド」 を使います。

シェル変数の表示
% set enter
_     setenv

addsuffix
argv     ()
~
~
~
user     root
version tcsh 6.11.00 (Astron) 2001-09-02 (i386-intel-FreeBSD) options 8b,nls,dl,al,kan,sm,rh,color,dspm
%


<< 時間の操作 リンクについて >>

line
Copyright (C) 2003 MISTY-NET UNIX Course All Rights Reserved .